閉じる

Webゼミプレミアムでの
セミナー受講は
「Webゼミプレミアム」の
申し込みが必要です。

Webゼミプレミアムについての詳細は、
以下ページをご覧ください。

閉じる

実務支援機能

PRONEXUS SUPPORTでは実務に関する様々な支援機能をご用意しています。

適時開示の法的リスクとその対応

―事例と判例のケーススタディ ―

受付中 申込み締切日 Webゼミ : 2024/08/20(火)

レベル

  • 入門
  • 初級
  • 中級
  • 応用
開催形態 Webゼミ
視聴期間 2024/08/01(木)10:00 〜 2024/08/30(金)17:00
■WEBゼミ収録日:2024年7月17日(水)10:00 ~ 12:00 ■再生時間:約2時間
申込み締切日 2024/08/20(火)
講師 竹内 朗 氏、岩渕 恵理
カテゴリー 総務法務、経営層向け、コンプライアンス、情報管理、金融商品取引法、ディスクロージャー実務、リスク管理、適時開示
[current_timestamp: 20240614041539] [app_start_date: 20240603100000] [app_end_date: 20240820170000]
[form_id: 4509] [limit: 999] [count: 1]
[is_app_null: ] [is_before_app: ] [is_after_app: ] [is_capacity: ] [is_app_done: ] [is_not_app: 1] [is_webinar_premium: ]
[is_webinar_wait: ] [is_webinar_viewable: ]

申込みフォーム(Webゼミ)

講師紹介

弁護士竹内 朗 氏

弁護士/プロアクト法律事務所代表、GRAソリューションズ(株)代表取締役

1990年早稲田大学法学部卒業、1996年弁護士登録、2001~06年日興コーディアル証券㈱(現SMBC日興証券㈱)法務部勤務、2006~10年国広総合法律事務所パートナー、2010年より現職。 専門は企業のリスクマネジメント、有事の危機管理、コンプライアンス、コーポレートガバナンス等。㈱No.1社外監査役、㈱エコスタイル社外取締役、㈱マイナビ社外取締役。2023年12月に日本経済新聞社が発表した「企業法務税務・弁護士調査」の「危機管理分野」で、総合ランキング第5位に選出。 【著書】『企業不祥事インデックス[第3版]』(2023年、商事法務)、『図解不祥事の予防・発見・対応がわかる本』(2019年、中央経済社)、『図解不祥事の社内調査がわかる本』(2020年、中央経済社)、『図解不祥事のグローバル対応がわかる本』(2024年、中央経済社)

開く

弁護士岩渕 恵理

弁護士/プロアクト法律事務所

2012年中央大学法学部卒業、2014年中央大学法科大学院修了、2016年弁護士登録、2016~19年三井住友信託銀行㈱証券代行コンサルティング部勤務、2019年より現職。 専門は企業のリスクマネジメント、有事の危機管理、コンプライアンス、コーポレートガバナンス、適時開示等の開示規制等。成友興業㈱社外取締役、ピルボックスジャパン㈱社外取締役(監査等委員)。 【著書】『図解不祥事の予防・発見・対応がわかる本』(2019年、中央経済社)、『図解不祥事の社内調査がわかる本』(2020年、中央経済社)、『図解不祥事のグローバル対応がわかる本』(2024年、中央経済社)

開く

セミナー概要

 

証券市場への情報開示(ディスクロージャー)には、金融商品取引法に基づく法定開示と、証券取引所の自主規制に基づく適時開示の2つがあります。適時開示は、法令に基づく規制でなく、刑事罰や課徴金の制裁もなく、財務報告に係る内部統制報告制度(いわゆるJ-SOX)のような制度もないことから、ともすると法定開示に比して軽く扱われがちな傾向にあります。しかしながら、適時開示は上場株の価格形成に決定的な影響力を有しており、そこに大きな法的リスクが潜在しています。

近年、不祥事の適時開示前に行われたインサイダー取引をバスケット条項を使って摘発した事例が頻発しており、MBO等組織再編時の適時開示についても、証券取引所によって強化が図られ、さらに金融商品取引法の改正でフェア・ディスクロージャー・ルールが導入されるなど、適時開示の法的リスクは顕在化しつつあります。

本セミナーでは、不適正な適時開示の法的リスクを、インサイダー取引の誘発と不法行為に基づく損害賠償請求という2つの側面から分析し、事例と判例を踏まえたケーススタディを行うことにより、適時開示に潜む法的リスクを体感していただき、その対応を理解していただきます。

 


講義内容

. 証券市場における適時開示の重要性

 1.適時開示が求められる趣旨

 2.法定開示に対する優位性

 3.不適正な適時開示がもたらす弊害

 

. 不適正な適時開示の3類型

 1.不開示

 2.選択的開示

 3.虚偽開示

 

. 20175月金融商品取引法改正によるフェア・ディスクロージャー・ルールの導入

 1.ルールの概要

 2.上場会社の対応

 

. 不適正な適時開示が問題とされた近年の複数の事例の分析検討

 

. 不適正な適時開示の法的リスクと対応の留意点

 1.インサイダー取引の誘発

 2.不法行為に基づく損害賠償請求

受講対象者

適時開示・ディスクロージャー所管部門及び法務・コンプライアンス部門の役員・責任者・担当者

受講料〔1名様分〕

ディスクロージャー実務研究会会員 19,800円
ディスクロージャー実務研究会会員以外のお客様 25,300円

お申込みに際してご留意いただきたいこと

〇 受講料は、視聴開始日4営業日前までに別途ご案内する指定銀行口座にお振込みください。なお、視聴開始日4営業日前までにキャンセルの連絡がない場合は、お振込みいただいた受講料のご返金はいたしかねますのでご了承ください。

※ お振込み手数料につきましては、お客様ご負担でお願いいたします。

※ 領収書の発行はいたしかねますのでご了承ください。

〇 申込期限後または中止後のお申込は出来かねますので、ご了承ください。

〇 反社会的勢力と判明した場合には、Webゼミのご視聴をお断りいたします。

〇 講師と同業の方につきましては、お申込みをご遠慮いただいております。

〇 講義の録音・録画はご遠慮いただいております。

〇 プログラム内容等は、一部変更になることもございます。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

〇 天災事変やその他諸事情により、セミナーの中止・延期、申込期限前の締切等がございますので予めご了承ください。

■ Webゼミのご案内
〇 Webゼミの詳細につきましては以下のURLをご参照ください。なお、Webゼミはセキュリティの設定や、動作環境によっては受講できないことがあります。お申し込みの前に下記サイトにてサンプル動画をお試しください。
https://ps.pronexus.co.jp/public/training/websemi-info.html
〇 お振込みが確認できないときは、お申込みを取り消させていただくこともございますので、予めご了承ください。
〇 本セミナーで使用する資料につきましては、Webゼミ視聴ページからダウンロードをお願いいたします。
〇 講師との契約により、視聴期間の延長及び終了後のテキスト提供はお受けできません。
Webゼミはご視聴されるご本人様の情報でお申込みいただきますようお願いいたします。(ご本人様以外の方のご視聴はお断りします。)
〇 インターネット又は電気通信の使用に内在する制限、遅延その他の問題の影響等を受けることがあります。
弊社は上記の問題を原因とする遅延、配信障害その他の損害について責任を負いません。
〇 弊社営業時間外に発生・ご連絡いただきました動画視聴に関するお問い合わせは対応が遅れる場合がございます。予めご了承ください。

[current_timestamp: 20240614041539] [app_start_date: 20240603100000] [app_end_date: 20240820170000]
[form_id: 4509] [limit: 999] [count: 1]
[is_app_null: ] [is_before_app: ] [is_after_app: ] [is_capacity: ] [is_app_done: ] [is_not_app: 1] [is_webinar_premium: ]
[is_webinar_wait: ] [is_webinar_viewable: ]

申込みフォーム(Webゼミ)

セミナー

検索

当ウェブサイトでは、サービスの品質維持・向上を目的として、Cookieの取得をしております。Cookieの使用に同意することにより、 すべての機能を利用することができます。詳細、設定変更につきましては、当ウェブサイトのCookieポリシーをご覧ください。